スーパーフォーミュラ第5戦、予選はパロウがポール獲得!連勝に向け視界良好

全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦「ツインリンクもてぎ2&4レース」が8月17日、栃木県・ツインリンクもてぎで開幕し、同シリーズの公式予選が開催された。

前戦・富士戦から好調を維持する64号車 アレックス・パロウ(TCM NAKAJIMA RACING)が開幕戦以来2度めとなるポールポジションを獲得し、2連勝に向けて視界良好のスタートを切ることとなった。

 

 

気温37度という酷暑で開幕したスーパーフォーミュラ第5戦。シリーズチャンピオンの行方を占う後半戦に突入し、激戦が期待される1戦となる。

14時20分から開催された公式予選Q1では、各車が開始早々一斉にコースイン。ミディアムタイヤでの感触を掴むべく集会を重ねつつ、一度目のアタックを敢行。
路面温度がぐんぐん上昇したものの、セッション中にはサーキットをところどころ雲が多い、路面温度は49度にまで下がった。

 

 

セッション残り13分、アレックス・パロウがトップに立つと、2位に牧野任祐が続き、前戦・富士戦から続いてTCM NAKAJIMA RACINGの若い二人が躍動する結果に。
その後、ルーカス・アウアーが2番手に浮上して、1セット目の走行を終了。
一方で関口雄飛や国本雄資、大嶋和也が13位以下に沈む難しい展開。
とはいえこの時点で15位関口まではトップから1秒差以内にいる混沌とした僅差となった。

そして2セット目の走行が始まると、セッション残り1分20秒で平川亮が1分33秒217でトップに立つと、ルーカス・アウアーが2番手に続く。
白熱したチェッカー後のタイム更新では、坪井翔が9番手に飛び込み、新人のアウアー、エイドリアン・ニューエイがQ1を突破した一方、一度目の走行では好位置につけていた牧野任祐が14位、中嶋一貴も17位に終わり、Q1で敗退してしまう。

7分間で争われる公式予選Q2では、ソフトタイヤが使われることもあり、セッションがスタートしても各陣営はピットで待機。残り5分から続々とコースインが始まり、各車はアタックに入っていく。
真っ先にタイムを出したのは小林可夢偉で、1分31秒922でトップに立つが、直後に福住仁嶺が1分31秒869でタイムを更に縮めてトップに君臨。
関口は7番手に滑り込んだが、そのまま順位を落とし、9位となってQ2で敗退した。
開幕戦優勝のニック・キャシディも12位に沈み、予選を終えている。

ポールポジションを決する公式予選Q3では、セッションで最初にタイムを出したのが、前戦で雨の難しいコンディションを制したパロウ。酷暑の第5戦でも1分31秒442でコースレコードを樹立。
このタイムには誰も及ばず、2連勝のかかる大一番を、視界良好で迎えることとなった。

2番手には平川が続き、フロントローからの巻き返しを図る。
3番手には福住仁嶺が続き、上位進出の機会を伺う。

■アレックス・パロウ予選オンボード映像はこちら

■公式予選ダイジェストは以下の通り

■その他の結果は以下の通り

2019-08-17 WEATHER:Fine COURSE:Dry

Po. No. Driver Team / Engine Q1 Q2 Q3
1 64 アレックス・パロウ
Alex Palou
TCS NAKAJIMA RACING
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.299 1’31.955 R 1’31.442
2 20 平川 亮
Ryo Hirakawa
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.217 1’32.231 1’31.641
3 5 福住 仁嶺
Nirei Fukuzumi
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.670 1’31.869 1’31.764
4 50 ルーカス・アウアー
Lucus Auer
B-Max Racing with motopark
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.281 1’31.996 1’31.804
5 38 石浦 宏明
Hiroaki Ishiura
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.345 1’32.327 1’31.931
6 16 野尻 智紀
Tomoki Nojiri
TEAM MUGEN
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.752 1’32.243 1’31.942
7 18 小林 可夢偉
Kamui Kobayashi
carrozzeria Team KCMG
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.639 1’31.922 1’32.040
8 1 山本 尚貴
Naoki Yamamoto
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.399 1’32.222 1’32.049
9 19 関口 雄飛
Yuhi Sekiguchi
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.385 1’32.399
10 39 坪井 翔
Sho Tsuboi
JMS P.MU/CERUMO・INGING
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.517 1’32.793
11 51 ハリソン・ニューウェイ
Harrison Newey
B-Max Racing with motopark
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.510 1’32.824
12 37 ニック・キャシディ
Nick Cassidy
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.319 1’32.856
13 3 山下 健太
Kenta Yamashita
KONDO RACING
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’33.807
14 65 牧野 任祐
Tadasuke Makino
TCS NAKAJIMA RACING
HONDA/M-TEC HR-417E
1’33.820
15 4 国本 雄資
Yuji Kunimoto
KONDO RACING
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’34.003
16 36 中嶋 一貴
Kazuki Nakajima
VANTELIN TEAM TOM’S
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’34.036
17 8 大嶋 和也
Kazuya Oshima
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’34.086
18 15 パトリシオ・オワード
Patricio O’Ward
TEAM MUGEN
HONDA/M-TEC HR-417E
1’34.361
19 7 アーテム・マルケロフ
Artem Markelov
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
TOYOTA/TRD Biz-01F
1’34.386
20 17 塚越 広大
Koudai Tsukakoshi
REAL RACING
HONDA/M-TEC HR-417E
1’34.765

Chassis: SF19 / Tire: Yokohama

参加台数:20台  出走台数:20台
予選通過基準タイム 1’39.742 – 107%
“R”マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のレコードタイムは 1’31.591

 

 

決勝レースは8月18日、14時15分より52周(もしくは90分)で争われる。
後半戦に突入した同シリーズの行方を占う大事な1戦となり、勝敗の行方に注目の集まる熱い暑いレースとなる。

 

ニュース提供:STN NEWS MEDIA

関連記事一覧