RQ大賞グランプリ林紗久羅さん、2018年の歩みを振り返り!

2018 GOODRIDE 日本レースクイーン大賞授賞式が1月12日、千葉県・幕張メッセで開催されたオートサロン2018にて実施され、林紗久羅さんが女王戴冠に輝いた。今季も豊作のレースクイーンの世界にあって、厳しい戦いが予想された林さんだったが、並み居る実力者のなかから見事にグランプリを獲得した。

そんな林紗久羅さんの一年を写真で振り返ってみたい。

思い返せば1年前、林紗久羅さんはスーパーGT RAYBRIGレースクイーンとして活躍した。

2017 レースクイーン大賞では特別賞を受賞したが、大賞、グランプリに力が及ばなかった自分を涙ながらにファンに謝罪。会場ではファンから温かい拍手が送られ、彼女の健闘を讃えた。

ここで「私を本気にさせた」と後に語っている通り、今季の彼女の快進撃がサーキットに巻き起こる。

【スーパーフォーミュラ】

2018年シーズン、スーパーフォーミュラでは「KONDO Racing raffinee lady」として活動。

今季はチャンピオン戴冠を目前にシーズン2位に大躍進したKONDO Racingの一員として活躍した。

【PIRELLI スーパー耐久シリーズ】

2018 スーパー耐久シリーズでは「D’Stationフレッシュエンジェルズ」として3年ぶりに復帰し、リーダーを努めた。
D’Stationフレッシュエンジェルズは同シリーズの公式イメージガールであり、その注目度は群を抜いている。常にカメラマンが周囲を取り囲んでいた。

【WEC 6 Hours of FUJI】

そして「世界耐久選手権(WEC) 6 Hours of FUJI」においてもWECグリッドセレモニーガールを努めた。

普段ではなかなか見られない振り袖に袴の装いで登場した彼女。和服もそつなく着こなし、グリッドに華を添えた。

 

2019年シーズンはどのチームで彼女のスマイルが咲くのか、女王の動向に注目だ。

関連記事一覧