Artisan Spirits謹製LC500ワイドボディキットが海外で話題に

2017年にデビューしたLEXUSのスポーツクーペ「LC500」向けのワイドボディキットを、日本のチューニングショップArtisan Spiritsが登場させたのは同年10月、アメリカのSEMA SHOW 2017 LEXUSブース内でのことだった。
それから約1年半が経過したが、今再びヨーロッパで話題となり、注目を浴びている。

Artisan Spiritsが20周年を迎えるにあたって、今後の指針となるモデルとして発表された「ARTISAN 20th Anniversary edition BLACK LABEL GT LC500」。

 

一段とマッスル感を増したワイドボディキットは、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、レアディフューザー、GTフェンダーキット、そしてVOLTEX製GTウィングからなるセット。

LC500の流麗なボディラインを損なうことなく実現されたボディキットは、FRP製と炭素繊維製から選べ、カーボン製コンプリートセットは140万円となっている。

 

さらにはブレーキ、サスペンション、ロールケージを追加することも可能になっているようだ。

もはや公道を走れるスーパーGT車両といっても良い仕上がりだ。

Artisan Spiritsホームページ

via:GT Spirits

ARTISAN 20th Anniversary edition
BLACK LABEL GT LC500ギャラリー

関連記事一覧