2019東京モーターショー開催期間を発表

一般社団法人 日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は10月9日、第46回東京モーターショー2019を東京・有明の東京ビッグサイトで開催することを発表した。
併せて開催期間も発表され、2019年10月23日から同11月4日までと、一般公開日が従来より2日間延長して来場者がゆっくり見学できるよう配慮された。

東京モーターショー
センチュリー
トヨタ

また、近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討しており、様々な実施プログラムで来場者の満足度を高め、ショーの魅力を上げていく。

東京モーターショー2019では、引続き乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、モビリティ関連サービスを始めとする各部門により開催される。

開催期間

2019年
10月23日(水)
プレスデー 8:00-18:00

10月24日(木)
プレスデー 8:00-11:30
オフィシャルデー 11:30-18:00
特別招待日 14:00-18:00
(障がい者手帳をお持ちの方)

10月25日(金)
プレビューデー 9:00-14:00
一般公開 14:00-20:00

10月26日(土)

一般公開日 月-土 10:00-20:00
|    日祝日 10:00-18:00
11月4日(月・祝)

※特別招待日は事前登録制
※プレビューデーは要前売チケット(枚数限定)

関連記事一覧