マクラーレン最新アルティメットシリーズ「Speedtail」全貌を公開

マクラーレンオートモーティブは10月26日、同社のかつての名車「F1」からインスパイアされたハイパーカー「SpeedTail」の全貌を公開した。

マクラーレンのアルティメットシリーズであるSpeedtailは、P1、P1GTR、セナ、セナGTRに続く最新作。

最高速度を391km/hに設定し、デザインされたエクステリアは、後方に向かって萎むティアドロップ形状で、徹底的にドラッグを排除したことが伺える。
カーボンで作られたボディは、サイドフェンダーからリアエンドまでのユニットが一体成型で作られ、優雅な曲線を描いている。
ドラッグ・リダクション・コンポーネントとして、エルロンが装着されている。

油圧で制御されるエルロンは、普段はボディに完全に溶け込んでいる。
サーフェス間の交差は1mmと、極限までに小さく作り込まれた。

サイドミラーもカメラに置き換えられ、車内の液晶モニタで後方を確認する。後方乱流を徹底的に抑える工夫が随所に見て取れる。


全長は5.13mで、F1よりも約23cmも長くなった。

インテリアでは、早くから予想されていたドライバーシートをセンターに、左右に2人分のシートがデルタ状に配置されたF1ゴーイングカーのレイアウトが踏襲されている。

すべてのシートは一体成型されており、走りに特化した形状ではあるが、グラスルーフを採用して開口部が大きいことから、その開放感はF1のそれよりも大きく上回っている。

しかもトップのガラスはエレクトロクロミックを内蔵しており、ドライバーは好みに応じて透過率を変更することが可能。

パワートレインはリアミッドに搭載される4リッターV8ツインターボエンジンで、モーターを組み合わせることで1050馬力を発生。
7速DCTを組み合わしたRWD駆動で、0-186mph(約0-300km/h)では12.8秒という素晴らしい加速を体感できる。
最高速度も403km/hを達成する。
これらはSpeedtailのすべてのパワーを開放する「ヴェロシティ・モード」で実現できる。
ヴェロシティ・モードでは、ハイブリッドシステムを含めたパワーユニットの全てのパフォーマンスを開放するモードで、アクティブ制御されたサスペンションを35㎜低下させると同時に外見にも変化を出す。
エアロダイナミクスを極限まで低下させるため、エルロンはドラッグを発生しにくい形状に変化し、左右のミラーカメラも格納される。

これだけの性能を含んで、価格は2億5千万円からという価格で実現している。

以下ギャラリー

関連記事一覧