イーロン・マスクの「ザ・ループ」、12月10日に開通を発表

かねてよりイーロン・マスクが持つ地下掘削業者The Boring Company(ザ・ボーリング・カンパニー)が進めてきた公共地下移送システム「ザ・ループ」が、12月10日に開通することがTwitterで発表された。

12月11日には、約3.2kmの距離を無料で体験できるという。
実際に運用されても1ドルで乗車可能になるシステムで、運用開始から数ヶ月は無料で搭乗できるそうだ。

しかしすべてが快調というわけではない。
トンネルの整備が進んでいるが、未だポッドの発表がなされていないのだ。
12月の公開も、徒歩でのことだと疑われている。

ちなみに”ハイパーループ”構想では、ロサンゼルスからサンフランシスコへ、従来6時間かかっていた行程を、35分に短縮させることが可能だとしている。

今年6月にはシカゴでも開発する契約を獲得しており、オヘア空港からダウンタウンまでの約24kmを12分で結ぶと発表している。
既存の電車だと同じルートを走行するのに40~45分ほどかかる。

とはいえ、従来の公共交通システムを根本から覆す可能性を秘めているだけに、今後の発展が期待されている。

以下ギャラリー

関連記事一覧