Google Map、EV充電ステーション検索機能を実装

Googleは10月16日、同社の地図アプリ「Google Map」に、EVの充電スポットを表示する機能のサービスを開始した。

時を同じくして、米国の大手充電ネットワーク運営企業「EVgo」は、同社が運営するの充電スポットの1000カ所以上がグーグルマップに掲載されたと発表した。

グーグルマップに「ev charging」や「ev charging stations」といったキーワードを入力すると、最寄りの充電ステーションが表示され、どんなタイプの充電ポートを備えているか、ポートの個数や充電速度といった情報も得られる。

充電ステーションの運営元に関する情報や、ユーザーからの評価、レビュー、さらには運営元のリンクから、さらに詳細な情報を知ることも可能になっている。

世界の各地域での提供状況及び、掲載中の充電ネットワーク名は下記の通り。

グローバル:テスラ、Chargepoint
米国:SemaConnect、EVgo、Blink
英国: Chargemaster、Pod Point
豪州 &ニュージーランド:Chargefox

また、同アプリでは「マイプレイス」機能を使えば、ナビゲーションルートを他のユーザーとも共有できる機能を昨年から実装し、ユーザーはリアルタイムで他のユーザーとナビゲーションルートを共有できる。

現在、充電ステーションはグーグルマップのiOSとアンドロイドのアプリで表示可能で、デスクトップ版のGoogle Mapには数週間のうちに実装される。
アプリで利用する場合は、最新バージョンにアップデートすることが必要。

関連記事一覧