TOKYO AUTO SALON、2019年1月11-13日に開催

東京オートサロン実行委員会(東京都新宿区 株式会社サンズ内)は、2019年1月11日(金)、12日(土)、13日(日)の3日間、世界最大級のカスタムカーと関連製品の展示会「TOKYO AUTO SALON 2019」を千葉県・幕張メッセで開催することを発表した。
1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートし、87年に現在の名称「TOKYO AUTO SALON」となった本展は、今回で37回目の開催。

幕張メッセ全館(国際展示場ホール1〜11、国際会議場、幕張イベントホール、屋外展示場)を使用した広大な会場には、国内主要自動車メーカー、外国車インポーター、タイヤメーカー、アフターパーツメーカー、カスタムショップなどによるバラエティ豊かな出展ブースが立ち並び、800台以上のチューニング・ドレスアップ車両が展示されるほか、各種パーツやグッズの展示・販売も行われる。

さらに、同乗試乗会などの参加体験型コンテンツや人気アーティストによるライブステージなど、今回も多彩なイベントを併催。

今日では熱心なクルマファンはもちろん、女性や家族連れなど幅広い層の来場者が訪れるイベントとなり、来場者数は2015年から4年連続で30万人以上を記録している。

近年では本展開催に合わせて新車や新製品を発表するメーカーも多く、またモータースポーツ活動発信の場とも位置付けられていることから、国内外の業界関係者や報道機関の関心・注目もますます高まっている。

関連記事一覧