ベントレー コンチネンタルGT、GTCにV8モデルを追加

ジュネーブモーターショーでコンチネンタルGTCがデビューしてから僅か数週間、ベントレーはコンチネンタル GT V8とGTC V8モデルを発表した。

第3世代となるGT V8クーペとコンパーチブルは、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最大出力550馬力、最大トルクは770Nmを発生。

ランニングギアをポルシェ・パナメーラアーボと共有し、ギアレシオが若干調整されたコンチネンタルGTは、0-100km/h加速が4.0秒、最高速度が318km/hを叩き出す。

 

 

 

V8バージョンを区別するため、ベントレーはクワッドテールパイプ及びV8のバッジを追加。
さらに20インチホイールを始め、最大22インチのオプションホイールも9つのデザインから選択できる。

インテリアでは、ネックウォーマーを組み込んだコンフォートシートが追加される。ドロップトップは急な雨でも時速50km/h以下で電動で作動し、19秒で展開、収納できる。

 

 

V8モデルでは10スピーカーシステムが搭載され、Bentley Displayと組み合わせることが可能になっている。

このモデルは北米市場での巻き返しを図るためにリリースされ、本年第秋ころにデリバリーされる予定。その他の地域では2020年春先でのデリバリーが予定されている。

ベントレー コンチネンタルGT V8、GTC V8ギャラリー

関連記事一覧