事故車サルベージサイトCopartにLamborghini URUS、Aventadorが登場

LamborghiniのSUV、URUSの事故車が米国のサルベージウェブサイト「Copart」に新たに加わった。

フロントを中心にダメージが広がった状態で、新車価格が2800万円以上のURUSが117,000ドル(約1280万円)で出品された。

その他にもフロント周りの他に、フロントガラスが割れ、エアバッグが展開された状態で、モノコックにも深刻なダメージが及んでいる事が推察される。

この個体は詳細は不明ながら、先日テキサスで発生した事故の車両であろうと見られている。

しかし新車を買うよりは、かなり安く修理ができそうな状態ではあるとのことで、チューニングのベース車両として購入すれば可能性は無限大に広がるそうだ。

URUSギャラリー

 

なお、他にもCopartにはLamborghini Aventadorも出品されている。

痛々しくフロントのダメージを受けたAventadorだが、強力なモノコックがキャビンを守り抜き、ガルウィングのドアは何の問題もなく天をさしている。

どちらも高度な技術を伴う修理を要するだけに、決して安い買い物ではないだろうが、この際お得に購入できるということも一考の価値…あり?

関連記事一覧