Revozport、LaFerrari向けボディキットのレンダリングを公開

スーパーカー、ラグジュアリーカーのカスタムを行うRevoZportは、La Ferrariオーナーである中東の顧客向けにワンオフ制作されたボディキット「Revozport LaFerrari Rivoluzione」を発表した。
現在はレンダリングの段階で、最終的なデザイン決定によって公開された画像だが、そのデザインはFerrari FXX K Evoに触発されている。

レンダリングにはフロントスプリッタが装着され、新しくデザインされたサイドスカートも追加。

車両後方で一目で違いが解るのがリアウィングだ。
異なる高さ、角度を備えたウィングは、ノーマルの状態より高いダウンフォースを発生する。
エンジンカバーはカーボンで仕上げられ、ノーマルのガラスに対して内部のエンジンが見えない仕上がりに。

このボディキットはワンオフ製作で企画され、量産はされないとのこと。
6.3リッターV12エンジンに関しては手が加えられていないと見られている。

なお、この情報は未確認の部分も多数存在し、発注した顧客次第では、もしかすると日の目を見ない可能性もあることを申し添えておく。

関連記事一覧