BRABUS、メルセデスAMG G63ベースの「700ワイドスター」発表

メルセデス車両などのチューニングを手がけるBRABUSは、新型のGクラスをベースに、さらに豪華に、出力を高めて「BRABUS 700 Widestar」を発売した。

モナコ・ヨットショーで発表となった同車は、4.0リッターV8ツインターボエンジンをさらにモディファイし、ノーマル585馬力から車名の通り700馬力に引き上げ、最大トルクも850Nmから950Nmへと引き上げられた。
この効果は0-100km/h加速でノーマル4.4秒に対して4.3秒に改善。
0.1秒では大したことないじゃないか、と思ってはならない。2.5tからある車両を加速するパワーは並大抵ではない。
最高速度は240km/hでリミッターが作動するが、これは車両を保護する観点からの措置だ。
特に大型SUV用のタイヤでは、この速度域で威力を発揮できる性能は、まだ現れていない。

これらのパフォーマンス向上は、主にブーストアップされたツインターボを制御する新たにマッピングされたECUによってもたらされ、排気系も改善。
特に排気音では、野太いワイルドな排気音を奏でる一方、可変フラップが装着されたことにより「帰宅モード」と呼ばれる静音モードでの走行も選択できるエグゾーストシステムが備わっている。
このシステムによって、深夜の帰宅でもご近所から白い目で見られることもなく、上品な車両のイメージを損なわずに仕上がっている。
4本出しのマフラーは、ブラックとシルバーから選択できる。

エクステリアでは、メルセデスのスリーポインテッドスターに代わってBRABUSお約束の「B」のロゴに差し替わり、前後のルーフにLEDを追加。
さらにオリジナルの前後バンパー、グリル、エアロやボンネットが装着され、ノーマルよりも4インチ(約10cm)ワイド化された。
さらにリアにはウィングも装着され、高速巡航時の安定感も増したと推測される。

この豪快な外見に負けないのが、23インチという特大ホイールだ。

足回りはG63をそのまま受け継いでいることから、Gクラスならではのオフロード走行性能を備えているが、このタイヤでは野暮というものだろう。

インテリアでは、レザーやアルカンターラなど、オーナーの好み(と財力)に応じて無限とも言われる組み合わせで色、素材が自由に選択できる。
また、ハンドルにはパドルシフトが装着され、スポーティな走行にも応える仕様に仕上がっている。

気になる価格?こればかりはカスタム次第でオーナー好みに設定される。
発表した会場を改めて思い出してみよう。世界のセレブが集まる祭典、モナコ・ヨットショーだ。

これまた野暮ということである。

 

ギャラリー

 

 

関連記事一覧