セナF1チャンピオン獲得30周年を記念した特装マクラーレンP1 GTRを公開

マクラーレン・オートモーティブは、アイルトン・セナ初のF1ワールドチャンピオン獲得から30周年を記念し、特別オーダーにより製作された「P1 GTR」を公開した。

セナの両親が呼んでいた「Beco」と名付けられた特別なP1 GTRは、マクラーレンの特装部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」によって手掛けられた。
アイルトン・セナのファンで、マクラーレンコレクターからのオーダーで、マクラーレンMP4/4の「マルボロカラー」が再現されている。この塗装だけで800時間を費やしたという。

フロントスプリッター、エアインテーク、ドアにはアイルトン・セナのロゴがあしらわれ、マシンのサイドにはブラジル国旗が描かれている。

ノーズとリアウィングの翼端板には1988年当時のカーナンバー「12」が記載されている。
サイドウィンドウにはチャンピオンを獲得した日付である1988年10月30日の日付が記載された。なお、この年のチャンピオン確定は、F1日本グランプリだった。

インテリアにもアイルトン・セナのロゴが随所に描かれており、セナのスローガンである「DRIVEN TO PERFECTION」が記載され、ドアシルには「I am not designed to come second or third. I am designed to win.(私は2位や3位になるために作られていない。勝利するために作られているんだ)」というセナの名言が刻まれている。

特別なのは内外装だけではなく、エンジンにも及んだ。
「適切で快適な」走りのためにパワーアップし、特別なエンジンベイ・シュラウドを装備。
正確な数値は公表されていないが、P1 GTRには3.8リッターV8ツインターボエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインを搭載し、986馬力を発生する。

関連記事一覧