マクラーレン720Sスパイダー発表 クロミック式ガラスルーフ採用

マクラーレン・オートモーティブが、720Sのオープンモデル「720Sスパイダー」を発表した。

2年前に発表されたベースモデルの720Sクーペと比較して車重が49kg増加しているが、フェラーリやランボルギーニなど、スパイダーモデルは100kg以上増加するのが常だが、これらスーパーカーにおけるスパイダーモデルのなかでは720Sスパイダーは最軽量を誇る。

これは720Sスパイダーが採用するモノケージⅡ-Sアーキテクチャからもたらされ、それ自体がロールオーバー・プロテクション構造を持つことから、ボディ補強を必要としなかったことが大きい。
この好影響により、0-100km/h加速はクーペモデルと同様の2.9秒、0-200km/h加速も7.9秒を達成している。

炭素繊維で作られたルーフは、リトラクタブルハードトップ式で、エレクトロクロミックガラスパネルをオプションで選択すれば、完全な透明から日光を完全に遮るまでの調整が可能で、開放感あふれるインテリアを演出できる。

ルーフは最大50km/hで動作し、急な雨でも走行しながらにして動作させることが可能。

720Sスパイダーモデルでは、新設計の10スポーク軽量鍛造ホイールデザインが選択可能で、カラーバリエーションも37色から選択できる。全体的にはホワイト系とシルバー系が多くラインナップされてる一方で、赤のバリエーションが無く、グリーンはラインナップから消えている。
その一方でマクラーレンMP4/12Cに採用されていたHeritageカラーのSupernova Silverが選択可能になっている。

ドライブモードもクーペモデル同様に「コンフォート」「スポーツ」「トラック」の3種類が備わる。

イギリスでの販売価格は23万7000ポンド(約3400万円)で、2019年夏頃にデリバリーされる予定だ。

ギャラリー

関連記事一覧