コンセプトカーデザイナー・アレキサンダーが提唱 マッスルトラック「Porsche GT Vision」発表

ポルシェ専用トランスポーター「Porsche GT Vision」トラックをカーデザイナーのAlexander Imnadze氏が発表した。
これはもちろんポルシェの公式な取り組みではないが、カロッツェリアの巨匠「ベルトーネ」の元デザイナーとして一昨年手がけた「ポルシェGT ビジョン906/917」用のトランスポーターとしてデザインされた。

エクステリアではラップアラウンドのフロントガラス、リアビューカメラ、カスタマイズ加納なLEDヘッドライトを備えている。
その意匠はもちろんポルシェGT ビジョン906/917から着想され、マッスルカー波のワイドボディを備えており、テールライトのデザインに至っては906/917がスッポリと収まったようだ。

トランスポーターとしてデザインされてはいるが、キャリアを切り離すと、レーストラックを走行するに十分な性能を備えているという

数多くのコンセプトデザインを発表してきたアレキサンダー氏の中だが、残念ながらこのトラックはもっとも現実性が困難とされている。

Porsche GT Visionでのパワートレインの詳細は明かされていないが、マフラーがないことから電気自動車である可能性が高い。

なお、メルセデス・ベンツも4年前に「フューチャートラック2025」を発表している。

まるで実現性がないというわけではないので、今後の需要次第によってはポルシェがトラックを作る時が来る…のは、やはり現状では実現の可能性は低いだろう。

以下ギャラリー

 

関連記事一覧